冬コミ前の方も後の方も、旧年中の方も新年の方も
ごきげんようです。記憶のかさブタも17回目。
今回は子供の頃大好きだったこれを紹介します。

ろぼっ子ビートン

(1976年10月12日〜1977年9月27日
 全50回94話{一回二話・一部一回一話} 
TBS系放映・製作 東北新社・東急エージェンシー)

ビートン画像

サンライズホームコメディへの道
旧虫プロから独立し、昭和48年に創映社として発足した
後の日本サンライズが初めてコメディー路線に挑戦したのが
こちら。(この前に「ハゼドン」があるけど、
こちらの製作者はマッドハウスが中心だったので。)
原作は「旧ルパン三世」でハードボイルドな
ルパンを描き、多くのファンを虜にした
大隈正秋氏。旧ルパンが余りにも有名に
なってしまった為、ハートフルコメディーを演出する
大隈氏に違和感を感じる方も
いるかもしれないが,氏は過去にも「オバケのQ太郎(白黒)」
「怪物くん(旧作)」も手がけている。
氏にとっては久々のコメディーアニメだっただけに
かなり力も入っていて、原作や主題歌の作詞まで
手がけるほど。
キャラは安彦良和氏が実に楽しそうに
描いており、ゲストキャラは殆ど
氏が一人で手がけています。
(基本キャラは飛行船企画。安彦氏はフィニッシュ担当。)
こういうほのぼのキャラを描いている時の
安彦氏は本当に楽しそうで、絵もノッている。
だからか、その直後の「無敵超人ザンボット3(1977)」
で、最初に神勝平のキャラを描いた際、
監督の富野喜幸がそれを見て
「もうちょっと足長くならない?」
と、言いにくそうに言ったとか。
ビートンの二頭身キャラの癖が
ついちゃってたんですな。
この企画の時代背景には、多分「がんばれ!ロボコン」の
大ヒットがあるのは想像に難くないけど、
こちらは根性とか自己犠牲といった
やや重いテーマじゃなく、
日常繰り広げられる事件とドタバタがメイン。
いいですね。胃にもたれなくて。



ストーリー展開


私の記憶を辿っていくと、確かこんな話。

機械いじりの好きな子供マーちゃん。
ある日、アメリカに住むおじさんから
ロボットの組み立てキットが
郵送で送られてきます。
マーちゃんは町の発明おじさんこと
ノーベルさんに組み立ててもらおうと
ビートン笑ってる♪持っていきます。が、
このノーベルさんがうっかり者。
他の部品をうっかり混ぜちゃったり、
回路を間違って繋いじゃったり
もうメチャクチャ。出来あがった
ロボットは、どこを間違えたか
自分の意思を持ってしまいます。
マーちゃんを毎日いじめるガキオヤジや、
その部下ガキレンジャー達から
マーちゃんを助けようと、今日もビートンは
ズッコケビックリの大奮闘を繰り広げます。


と、こんな感じ。ようするにビートンは
市販されてるキットのイレギュラーで
生まれたロボットな訳。
(アメリカって凄い国だよなぁ。
アシモやアイボの20年先を行ってる。)

ただ、このビートン、力はそこそこあるけれど
すぐに燃料が切れる。(ガソリンだっけ?)
空飛ぶと3分でガス欠になるという
のは覚えてるなあ。
本来はリモコンで操縦されるロボットなんですが、
(お腹のポケットがリモコンボックス。)
リモコン動かすとくすぐったくて笑い転げるだけ。
足は確かキャタピラが内臓されてた記憶が…。



ガキオヤジ軍団の猛攻とお色気キャラ


いじめっ子に当るキャラがこの番組はちょっと変わってて、
三分しか飛べません。これが近所のご隠居サン。近所の手前では常識人を装ってますが、
ひとたびマーちゃんをいじめる時には、
ドイツ軍の赤い鉄カブトにマント、
ナチスの軍服を着込んだ怪人ガキオヤジに変身。
近所のガキどもを子分にしたがえて
ありとあらゆる手段で
マーちゃんに執拗なイジメを繰り返すのです。
でも疑問。なんでここまでマーちゃんがガキオヤジに
いじめられるのか?その理由は?
実はマーちゃんには憧れの少女、ウララちゃん
という美少女がいるのですが、じつはこの子、
ガキオヤジの孫娘!しかもガキオヤジは溺愛してる!
かわいい孫娘に近づく不逞の輩を叩きのめす、というのと、
日ごろのうっぷんのはけ口としてマーちゃんを
いじめ倒している訳ですね。
(ウララちゃんはガキオヤジがマーちゃんをいじめてることは
知りません。巧みに立ち回るガキオヤジ。)

ビートンの登場で、ガキオヤジのイジメのターゲットは
ビートンへとシフトしていきます。
最終目的はビートンの分解。
何回も何回もビートンを分解寸前まで
追い込みますが、あと一歩でいつも逆転され、失敗。
ならばとガキオヤジ製のビートンを、とばかりに
ガキ大将ロボット、ブリキンを製作。
それも結構早い段階で出てきました。
(けどこのブリキン、けっこうバカ)
ガキオヤジとブリキン(色設定ちょっと違うかも。)定石のライバルキャラも加わって、
これでフォーマット完成かと思ってたら
すごいキャラが後半出てきました。
その名はネンネン。
宇宙から来たロボットと記憶してるのですが、
ミニスカ、ノースリーブ、流し目アイシャドーの
「夜の蝶」のようなキャラ。
綺麗好きで、シャボン風呂に使っては裸体を
「見ろ」と言わんばかりに誇示してきます。
後期OPでも入るシーンがあったし。
この子もガソリンが燃料ですが、
スタッフも人が悪いと思うのは、
給油口が右尻の上。
おしりに給油ポンプぶっ刺されて「ア〜ン」
もだえる姿は火曜午後7時に流しちゃイカンでしょ。
 当時ビートンのプラモが発売されてて、
確か4個セットのやつだったと思うんだけど、
「ビートン」「ガキオヤジ」「ブリキン」は
覚えてるんだけど、
あと一つってネンネン?
だったら凄いやね。美少女フィギィアの先駆けだ。
個人的にはガキオヤジのプラモの箱絵が、
なぜかリアルタッチ(小松崎茂調)なのに
大爆笑した記憶があります。
今じゃプレミアついてんだろうなぁ。


ろぼっ子ビートン スタッフ
原作/大隈正秋・飛行船企画(小学館学年雑誌・てれびくん掲載)
プロデューサー/渋江靖夫・松島 忠
監督/大隈正秋
キャラクターデザイン/安彦良和・飛行船企画
担当演出/出崎 哲・原田益次・石黒 昇・富野喜幸・福富 博 他
脚本/吉田喜昭・吉川惣司・金子 裕・伊東恒久・鈴木良武 他
作画監督/安彦良和・坂口 尚・昆 進之介・竹内留吉 他
製作協力/日本サンライズ

音楽/藤沢 守(現・久石 譲)
OP/わたしのビートン(作詞・大隈正秋 作編曲・川口 真/唄・大和田りつ子)
ED/なぜ?なぜ?ビートン(作詞・大隈正秋 作編曲・川口 真/唄・大和田りつ子・劇団こまどり)


放送日サブタイトル
1976.10.12ジャーンと誕生!
バタバタお手伝い
1976.10.19決戦ガラクタ広場
あの子にドキドキ
1976.10.26トベトベ大空中戦
ヘトヘト!?誕生日
1976.11.2とんだアルバイト
ブリキのお母さん
1976.11.9出た!大強敵ロボ
メタメタ決闘が原
1976.11.16学校行き大レース
おふろ屋の大海戦
1976.11.23ドッキリ!?ゴリラ
泣くな!ロボくん
1976.11.30ハクション大作戦
テストは秘(まるひ)大作戦
1976.12.7あこがれのデート
ワンワン大捜査網
1976.12.14走れビートンカー
逃げろ!ワニくん
1976.12.21テレビ局で大騒ぎ
三人のサンタさん
1976.12.28メロメロ大そうじ
紅白もちつき合戦
1977.1.4年の初めの大暴れ
見た!初夢大公開
1977.1.11ブルブルがまん会
秘密の小犬ちゃん
1977.1.18ウキウキお見合い
円盤だ!全員集合
1977.1.25先生Uターン作戦
それ行け!宝捜し
1977.2.1感激!涙の演奏会
爆笑!SL大発進
1977.2.8混乱!雪国超特急
出動!雪山捜索隊
1977.2.15白い雲にのりたかったあの子の風船くん
1977.2.22特訓!バレエ教室
友情!ブリキの涙
1977.3.1流しビナのゆくえ
笑うまでやるぞイ
1977.3.8鯨も笑う釣り合戦
ウソ発見器の謎!?
1977.3.15野球だ!大特訓!
必殺ヨーヨー魔球
1977.3.22初恋秘(まるひ)物語
ネンネンは裸でごめんネ
1977.3.29危うし!ネンネン
来たぞ!宇宙星人
1977.4.12好き好きネンネン
ブリキン大改造!?
1977.4.19あこがれの大変身
お手柄おるすばん
1977.4.26秘密のラブレター
怪しいガキおやじ
1977.5.3鯉のぼり大空中戦
地上99mの大恐怖
1977.5.10またもらしたぞイ
秘(まるひ)美人コンテスト
1977.5.17ネンネンと家出!
捜せ!犯人は誰だ
1977.5.24マンガは涙の物語
シンデレラごっこ
1977.5.31花のロボサーカス
泣き虫ガキおやじ
1977.6.7ロボット子守り唄
赤ヘルの下の秘密
1977.6.14激突プロレスの嵐
ずっこけ!?吸血鬼
1977.6.21ママをたずねて!?
どっちがギャング
1977.6.28プールに消えた大怪獣の謎を追ったら?
1977.7.5七夕の夜に天の川でネンネン星みつけた
1977.7.12雨の日はだめよ!
スリだ!御用だ
1977.7.19ビートン戦車とガキおやじ軍艦の大戦闘
1977.7.26南の島に行ってきた!みんなの大航海日記
1977.8.2メタメタ林間学校
ビキニのネンネン
1977.8.9ヒヤヒヤ肝だめし
アツアツがまん会
1977.8.16叩け太鼓だ盆踊り
狙われたビートン
1977.8.23ドッキリ恐竜時代
ドーンと花火騒動
1977.8.30宿題はまかすゾイ
ネンネン大ピンチ
1977.9.6地震をつかまえろ
台風の目玉の中は
1977.9.13山びこ捜し大作戦
ゲンコツの思い出
1977.9.20ガキおやじ美術展
ロボットの目に涙
1977.9.27さらばビートン!赤ヘル涙の秘(まるひ)作戦



キャスト
ビートン(桂 玲子・のち白石冬美)
マーちゃん(杉山佳寿子)
トンちゃん(北川知絵)
うららちゃん(小山まみ)
ガキオヤジ(永井一郎)
お父さん(徳丸 完)
お母さん(弥永知子)
ノーベルさん(野本礼三・市川 治)
ブリキン(たてかべ和也)
ネンネン(平井道子)ほか

と、今回も無事終了。
実は、海外モノの原作もやりたいけど、
向こうのは怖いよね。いろいろと。
カリメロとかジムボタンとかやりたいけどなぁ。
次回は決定しだいお知らせします。

戻る  過去ログ

   inserted by FC2 system