冬の新刊作業でなっかなか更新できなかったこのコーナー。
今月は従来のペースに戻すつもりで更新して行きます。
今回は久しく再放送されてない、っていうか出来ない?
こちらのアニメを紹介。

エスパー魔美

(1987年4月7日〜1989年10月26日)
 全119話+SP1話 テレビ朝日系放映
製作 シンエイ動画

魔美クンと高畑さん。

10年越しのアニメ化
原作は1978年から小学館の漫画雑誌「マンガくん」に掲載された藤子不二雄のコミック。
(以降、少年ビッグコミックに誌名変更。現在のヤングサンデーとなる。)
ストーリーは、ある日突然、超能力に目覚めた中学生・佐倉魔美が、
次分に突然身についた超能力に困惑しつつも、
自らの超能力の存在を知る良き理解者、高畑正と共に、
様々な事件や出来事、人間模様に遭遇していく物語。
面白いのは魔美のキャラクター設定が「ドラえもん」の変形である点。
要するに魔美は「超能力を持ってしまったのび太」で、
高畑は「道具の替わりに知恵を授けるドラえもん」なのである。
しかも互いに男女の関係を意識しない、というか何処かズレながらも
ちょっとずつ意識しあっている点が初々しくていい。
ただ、主人公が少女ヌードモデル(!)という事もあって、
本編中に頻繁に裸が出てくるという理由からか、
なかなかTV化は難しく、結局10年という月日を経て
やっとのことでアニメ化されたのが本作品。
基本的に原作には大変忠実にアニメ化されており、
ヌードシーンもしっかり映像化。
原作との違いは、テレポーテーションの際に使用する
「テレポーテーションガン」の弾が、
原作では梅仁丹になっていたのに対し、
アニメでは商標権の問題からビーズに変更になった程度。
当初はパーマン・プロゴルファー猿とセットで
火曜19時からの1時間枠「藤子不二雄ワイド」の
1本でセット放映されていたが、この作品だけ
対象年齢層が高いからか、第28話から独立した30分番組に昇格しています。


短編集テイスト満載の異色作
「魔美」のエピソードは掲載誌が従来の学習雑誌ではなかったためか、
妙にほろ苦い、後味の悪いものも多いです。故に
短編集で見られたような、アイロニーや、ペシミスティックな雰囲気も漂っています。
魔美がいかに優れた超能力を持っていても、救えないものが
現代社会には星の数ほど存在するのだと。
人の心の闇、過去の傷、消えた暖かな想い出、借金苦に社会悪…
結果、解決は出来ないけれど、
明日への再出発のきっかけくらいは助けれる。 変な慰めや希望を匂わせはしない。
そこらがシニカルではあるけれど
全くの絶望ではないよ、という
ギリギリの線で踏みとどまっていて
好感がもてるのです。
魔美のキャラクターは屈託の無い
性善説の理想主義者(夢想?)として
描かれています。故に現実の性悪な事実を
突きつけられ、魔美は悩み、戸惑います。
それらは夢を忘れた、経済と私利私欲に没頭する
大人に原因がある場合が多く、故に魔美は超能力で
大人に夢を思い出させて、本来の人間に立ち返らせる
という図式です。


原作のストックとアニメオリジナル
放送当初は原作のエピソードを忠実に映像化して行きますが
1年を過ぎたあたりからストックが尽きはじめます。
後半1年はオリジナルを中心に構成せざるを得なくなるのですが、
故に生まれた珍妙な設定も多く出始めます。

「魔美の超能力は人に伝染する。」(第98話・消えちゃった超能力)
魔美が階段を下ってると出会い頭に番長の番野とゴッチンコ。
その衝撃で魔美の超能力は消失し、代りに番野に超能力が移動して
しまったのです。エスパーになったと番野は大はしゃぎ。
こわいもんなしだと今まで以上に威張り散らします。
しかし、例のSOSテレパシーがひっきりなしに番野に
聞こえてしまい、番野はパニックに。逃げ出した番野は
またも階段で魔美とゴッチンコ。超能力は再び魔美に戻りました。
これって、超能力はオプションパーツみたいに取り外し可能な
ものなの?こんな設定原作には当然影も形もござんせん。

魔美には未来を察知する予知能力がある。(第64話・傘の中の明日)」
いつものように寝ぼけ眼で起きる魔美。新聞に目をやるとクラスメイトの竹長が
交通事故にあったとの記事が。ところが竹長はピンピン。
帰って新聞を見直したが、朝見たはずの記事が何処にも無い。
高畑は推理する。「君の予知能力が未来の記事を見せたんだ。」
魔美の見たという記事を記憶でたどらせていくと、事故が起きるのは
日曜の夜と判明。魔美と高畑は竹長を監視していると、雨でスリップした
トラックが竹長に!魔美は念力でトラックを持ち上げ、竹長を救う。
予知能力なんて当然原作にはありません。虫のしらせ程度ならありますが。
これじゃあ、リアル銀河王だ。さりげなくやってるが
トラックを浮かせる魔美の超能力は凄すぎる。

「魔美は大木も動かす念力を持っている(第111話・樹のざわめき)
街の道路脇にある大木は多くの住民の憩いの場。魔美のクラスメイトの
陽子は、この樹が大の友達だったが、区画整理のため伐採されることに。
住民の反対運動も空しく、伐採は明日ときまってしまった。
ショックで倒れ,、病院にかつぎこまれる陽子。
魔美はテレキネシスで樹を区画整理地域の外に動かせないかと
考え,高畑と共に夜、念力を込めつつ樹を少しずつ動かし、
無事、樹は移動。陽子も回復するのだった。
んなアホな、ともいえる念力パワー。
「樹には地上部分と同等か、それ以上の体積の根が
固い地底の土に絡みついてるから無理だよ」という
高畑の説明が空しく聞こえてしまう。使徒並みの力だわ。

後半エピソードはスタッフが足りない原作をカバーしようと
随所に苦労の跡がうかがえます。人気があるから止めれないしね。
魔美に片思いするクラスメイト(第101話・魔美に片思い)や、
高畑の進学校への進路問題(第88話・ターニングポイント)という
主要キャラに絡めたエピソードや、
優等生の少女が日常に不満を抱いて1日だけ家出してしまう
(第108話・23時55分の反抗)や、挫折した天才ピアニストが
魔美の手助けで立ち直る話(第56話・緑の森のコンサート)といった
ゲスト主導のエピソード、そこに原作のストックを絡めつつ、
2年半のロングラン放映を乗り切ります。

とはいえ、原作で余りにもブラックな物は削除されたり、
内容を変更して放送されていました。
例えば、

第91話「リアリズム殺人事件?」
自殺志願の女性がビルから飛び降りようとしているのを
魔美が助けます。が、女性は振りきってもう一度自殺を
試みますが、うしろから老紳士が手を掴んで止めます。
監督「死ぬのは構わん,だが、折角生まれてきたのだから
この世に足跡を残してはおかんかね?」女性「足跡?」
監督「仕事を頼みたいんだ。それによって君は
死後も永遠に生きることになる!」
数日後、女性は十二単を着た女優になっていました。
「あの人、監督さんだったの。映画「地獄変」の撮影に呼ばれて…
あたし、女優になっちゃた。」女性は生きる喜びを見つけたのでした。

ここまでなら、普通の良い話。が、原作とアニメはここから
真っ二つに別れてしまうのです。

(原作版)(アニメ版)
 さて、ラストの編集作業中に女性は
 監督に呼ばれます。
監督「実はね、最後のクライマックスの撮影が
 残ってるんだよ。 そう、君が牛車と共に焼かれるシーンだ。」
女性「あ、あれは撮影は終りました。吹き替えの人形を使って…」
監督「あれは他の者どもを誤魔化すカムフラージュだ。
 あんなもので 終らせてはこの映画自体がインチキになってしまう。
 君は死にたいと言っていたな、 今こそ死ぬときだ。」
女性「私に…生きる喜びを与えてくれたのは…
 監督じゃありませんか!」
監督「そんなものを与えた覚えはない!
 私は死にたい人間を探していたのだ。
 私の芸術の一部となって死んでくれる人間を。
 そして君を見つけた。
 喜んで死んでくれるべきじゃないか。」
女性「お断りします!帰らせていただきます!」
 しかし、女性には既に薬が盛られていた。眠ってしまう女性。
女性「殺人罪に…なる…わよ…。」監督は不敵にこう吐き捨てる。
監督「私はね…ガンを宣告されているんだよ…。
 余命は半年も無い…。
 だからこそ、この「地獄変」に全てを注ぎ込んだのだ…。
 君の心変わりは残念だが…
 私は今夜「地獄変」を完成させる。」

 女性を眠らせ,、牛車ごと火を放つ監督。
 興奮と狂気で エキサイティングな監督。
監督「そう!もっと悶える!もっと激しく!」
 そこへ魔美がSOSを受けて女性を救出。
 燃えた牛車は地獄変のセットに飛び火。
監督「フィルムが!この中には撮影済みのフィルムが!」
 火の中に飛び込む監督。魔美は呆然と呟きます。
魔美「燃えていくわ。セットもフィルムもなにもかも…」

 さて、映画の最終撮影。女性は監督に呼ばれます。
監督「監督、最後のクライマックスの撮影が残ってるのに、
 スタッフはみんな帰ってますが。」
女性「そう、君が牛車ごと炎に包まれて
 悶え死ぬシーンだ。一番大事なシーンだ」
女性「…はい。」
監督「カメラはわしが回す。充分覚悟しておくように。」
女性「ま…まさか…!」

 魔美は炎の中で焼殺される女性の夢をみて
 胸騒ぎのあまり撮影現場に向かいます。予感は的中。
 燃え盛る牛車に監督は興奮して叫びます。
監督「もっと燃えろ!もっと激しく!ぐふははははは〜!」
 助けようとする魔美、高畑が制します。「あれは人形だ。
 セットの奥から女性がでてきます。再会する魔身と女性。
女性「あたし、先生に謝らねばなりません。実は私,ずっと
 先生に殺されると思い込んでいました。」
監督「ほう、私に殺される?なぜ?」
女性「私は一度死のうとした女です。だから先生は、自分の
 映画の為に死んでくれる人間が
 必要だったのじゃないかと思って。」

監督「ぐわっはっはっは!つまり
 ワシの作戦は大成功だったという訳だな。」
一同「作戦?」
監督「そう!つまり君はワシに殺されるという
 不安を抱きながらもこの撮影現場に留まり
 見事に役を演じきった!
 その現実とドラマの中の精神的緊張感の一体!
 それこそ、ワシの求めたリアリズムだよ!
 君は見事にそれを成し遂げたのだ!」
女性「先生!」
監督「さあ、忙しくなるぞ!
 次回作の構想も出来てるんだ。頑張ってくれたまえ。」

 帰り道、
魔美「あの監督ひどい。あんなに女性を緊張させるなんて。」
高畑「でも、自殺しようとしたひとに生きる希望を与えるには、
 あれくらいしないとダメなのかもね。」
魔美「そうね。」

思わず比較のためストーリー再録しちゃいました。
原作の監督(竜王子監督っていう名前)は本当の
狂気の人物なのに対し、アニメではさすがにヤバイと思ったのか,
厳しい良き監督に変更されてましたね。原作に比べるとヌルイです。
アニメでは柴田秀勝が声アテてるからでいいワル演じてくれそうだったのに。


原作とアニメの最終回
さて、原作とアニメの最終回を比較してみましょう。

「パパの絵、最高!」(原作最終回)
相変わらず画壇で全く評価されないパパの絵。
そこにかつての画家仲間で今や一流の先生が
魔美をモデルに貸して欲しいといってきた。
しかし、今でこそ先生と呼ばれる彼にも黒い過去があった。
実は彼はかつての貧乏時代に食い扶持を稼ぐ為に贋作に手をそめており、
今になってそれをネタにかつての贋作仲間にゆすられていたのだ。
魔美はテレパシーで察知。ゆすっていた男から証拠の贋作のキャンバス一式を
処分するように念力でお仕置き。過去を払拭できた先生は珠玉の筆で
魔美の絵を書き上げる。「お父さんによろしく。」握手から先生の
思考波が魔美に伝わってきました。「同じあたしをモデルにしても
パパの絵にはおよばなかったって。あの人も認めていたのよ!
パパの絵のすばらしさを、すごさを!
パパの絵 最高!」

世間的評価ではなく、知る人ぞ知る良さ、という結果、でしょうか。
ましてや、魔美の絵で、という事を考慮すると、親だからこそ
何者にも負けない愛情で勝てた、という穿った見方も出来ますし。
いろんな意味で皮肉の混じった最終回といえますな。
しかし、このエピソードは第82話で映像化済み。
では、アニメ版の最終回は?

第119話「動き出した時間」
魔美がいつものようにモデルをしようとすると
パパは「すまん。連作少女は当分休止だ。」と宣告。
食い扶持が消えたと意気消沈する魔美に、衝撃的事実が告げられます。
パパがフランスの知人の紹介で個展を開くことになり、
そのままフランスへ絵の留学をする事になったのです。
期間は1年〜2年。暫くパパと会えない…。
けど、パパの夢を応援するためにも、と魔美は承諾します。
そして出発の日。よりにもよってSOS信号。
近所の廃屋に子供を人質にした凶悪犯が立て篭もったのです。
パパの見送りを抜け出して現場に直行する魔美と高畑。
事件を解決したのはいいが、時間は間に合わず、
飛行機はいってしまいました。

原作、アニメ共にパパに焦点を絞ったラスト、というのは興味深いです。
パパは夢を捨てきれない大人なのです。これは藤子作品では面白い例で、
藤子作品の隠しキーワードでは「人間は夢を捨てて初めて大人になる。
そして、大人になった途端、現実と絶望の中で人間性を喪失していく。」
というのが随所に見えます。原作のパパはおそらくこの先も一生、
画壇で評価されることはないでしょう。けど、娘や一部の近しい人間は
評価してくれる。それでいいじゃないか、という感じがにじみ出る
何処かに諦めムードも漂う、それでいて妙に暖かい最終回です。
が、アニメはそこに帰着点を求めず、実力を磨く為に
海外留学に行かせるという手段を選びました。アニメの方が行動的な
終り方をした、といえるでしょう。もっとも成功するかどうかは
一切解りませんが。夢の為に一時的に家族を切り離すパパの行為は
果して、勇気なのか愚行なのか…。夢、というモノの残酷さが伝わります。

ラスト、雲の上、パパの飛行機を雲海の彼方に見送る2人の会話が残ります。

高畑「間に合わなかったねェ。」
魔美「もう、会えない訳じゃないんだし。」
高畑「パパの夢を乗せて飛行機ははるか彼方に飛んでいった、か。
ねえ、君の夢は?」

魔美「私の夢?…………………笑うから言わない…。」


エスパー魔美 スタッフ
原作/藤子・F・不二雄(小学館の学習雑誌・てれびくん・コロコロコミック掲載)
チーフディレクター/原 恵一
シリーズ構成/桶谷 顕
作画監督/富永貞義・堤 規至
美術監督/川井 憲


音楽/田中公平
OP1/テレポーテーション(作詞・松本一起/作編曲・奥 慶一/唄・橋本 潮 )
OP2/S・O・S(作詞・松本一起/作曲・清岡千穂/編曲・田中公平/唄 ・橋本 潮)
ED1/不思議ANGEL(作詞・松本一起/作編曲・奥 慶一/唄・橋本 潮 )
ED2/I Like Youから I Love You(作詞・松本一起/作曲・池 毅/編曲・田中公平/ 唄 ・橋本 潮)


※OP1は1〜107話まで。OP2は108〜119話まで。
※ED1は28〜107話まで。ED2は108〜119話まで。
※1〜27話までは「藤子不二雄ワイド」枠での放送だったため、EDは無し。
※放映時間は1〜27話までが毎週火曜午後7時〜8時の「藤子不二雄ワイド」枠内。
 28〜95話まで毎週火曜日午後6時50分〜7時20分の単独枠に移行。
 96話〜最終回まで毎週木曜日午後7時〜7時半に移行。

エスパー魔美 放映リスト
赤字は原作をアニメ化したもの、もしくは原作をアレンジしたもの。
青字はアニメオリジナル。(多少記憶違いがあるかも知れません。)

放送No放送日サブタイトル脚本絵コンテ
1987.4.7エスパーは誰! 富田祐弘原 恵一
1987.4.14超能力をみがけ もとひら了須永 司
1987.4.21エスパーへの扉富田祐弘パクキョンスン
1987.4.28友情はクシャミで消えたもとひら了松岡清治
1987.5.5どこかでだれかが富田祐弘原 恵一
1987.5.12名画と鬼ババ もとひら了高柳哲司
1987.5.19未確認飛行少女 富田裕弘須永 司
1987.5.26一千万円・三時間 もとひら了井上 修
1987.6.2わが友コンポコ富田祐弘望月智充
101987.6.9四つ葉のクローバーもとひら了原 恵一
111987.6.16ただ今誘拐中 富田祐弘パクキョンスン
121987.6.23エスパーコック もとひら了塚田庄英
131987.6.30天才少女魔美 富田祐弘高柳哲司
141987.7.7大予言者銀河王 もとひら了須永 司
151987.7.14高畑くんの災難 富田祐弘石井文子
161987.7.21魔女・魔美? もとひら了塚田庄英
171987.8.4地底からの声 富田祐弘高柳哲司
181987.8.11サマードッグ もとひら了原 恵一
191987.8.18弾丸よりもはやく 富田祐弘塚田庄英
201987.8.25覗かれた魔女 もとひら了井上 修
211987.9.1電話魔は誰? もとひら了石井文子
221987.9.8ウソ×ウソ=パニック 富田祐弘原 恵一
231987.9.15彗星おばさん もとひら了原 恵一
241987.9.22虫のしらせ 富田祐弘高柳哲司
251987.9.29スランプ 富田裕弘塚田庄英
261987.10.6占いとミステリー もとひら了井上 修
271987.10.13星空のランデブー 富田祐弘原 恵一
281987.10.20名犬コンポコポンもとひら了本郷みつる
291987.10.27魔美が主演女優? 富田祐弘パクキョンスン
301987.11.3初恋特急便 もとひら了高柳哲司
311987.11.10グランロボが飛んだ 富田祐弘塚田庄英
321987.11.17マミウォッチング もとひら了原 恵一
331987.11.24ラストレース もとひら了井上 修
341987.12.1地下道おじさん 富田祐弘本郷みつる
351987.12.8ちっちゃな目撃者 富田祐弘高柳哲司
361987.12.15燃える疑惑 もとひら了塚田庄英
371987.12.22魔美を贈ります 富田祐弘パクキョンスン
381987.12.29最終バスジャック 桶谷 顕原 恵一
391988.1.5雪の中の少女 もとひら了本郷みつる
401988.1.12エスパー危機一髪 富田祐弘高柳哲司
411988.1.19スズメのお宿 水出弘一貞光紳也
421988.1.26愛を叫んだピエロ もとひら了塚田庄英
431988.2.2嘘つきフイルム 富田祐弘パクキョンスン
441988.2.9ハートブレイクバレンタイン 桶谷 顕高柳哲司
451988.2.16最後の漁 桶谷 顕塚田庄英
461988.2.23雪の降る街を もとひら了貞光紳也
471988.3.1迷えるチャンピオン水出弘一本郷みつる
481988.3.8ここ掘れフャンフャン水出弘一青山 弘
491988.3.15エスパー誘拐さる 富田祐弘高柳哲司
501988.3.22雪原のコンポコギツネ 富田祐弘貞光紳也
511988.3.29問題はカニ缶 富田祐弘塚田庄英
521988.4.12さよならの肖像 松岡清治本郷みつる
531988.4.19恐怖のハイキング もとひら了望月智充
541988.5.3たんぽぽのコーヒー桶谷 顕原 恵一
551988.5.10想い出さがし 水出弘一パクキョンスン
561988.5.17緑の森のコンサート 富田祐弘貞光紳也
571988.5.24学園暗黒地帯 前篇 桶谷 顕高柳哲司
581988.5.31学園暗黒地帯 後篇 桶谷 顕塚田庄英
591988.6.7夢行き夜汽車 富田祐弘本郷みつる
601988.6.14猫とおばさん もとひら了貞光紳也
611988.6.21消えたエスパー日記 もとひら了高柳哲司
621988.7.5オロチが夜くる 富田祐弘塚田庄英
631988.7.19幻の42.195キロ 水出弘一原 恵一
641988.7.26傘の中の明日 桶谷 顕パクキョンスン
651988.8.2ドキドキ土器 もとひら了原 恵一
661988.8.9恋人コレクター水出弘一本郷みつる
671988.8.16不快指数120% 富田祐弘貞光紳也
681988.8.23コンポコ夏物語 桶谷 顕高柳哲司
691988.8.30魔美のサマークッキングもとひら了塚田庄英
701988.9.6舞い戻った赤太郎 桶谷 顕高柳哲司
711988.9.13サスペンスゲーム桶谷 顕本郷みつる
721988.9.20感動しない名画 もとひら了貞光紳也
731988.10.4コスモスの仲間たち水出弘一原 恵一
741988.10.11いたずらの報酬 富田祐弘塚田庄英
751988.10.18アイドル志願 水出弘一高柳哲司
761988.10.25過去からの手紙もとひら了原 恵一
771988.11.1センチメンタルテレパシー 桶谷 顕本郷みつる
781988.11.8ノンちゃん失踪事件 桶谷 顕貞光紳也
791988.11.15エスパー探偵団 もとひら了高柳哲司
801988.11.22エスパーママ 水出弘一塚田庄英
811988.11.29想い出を運ぶ鳩もとひら了原 恵一
821988.12.6パパの絵、最高! 桶谷 顕貞光紳也
831988.12.13生きがい 水出弘一高柳哲司
841988.12.20エスパークリスマス 水出弘一本郷みつる
SP1988.12.27マイエンジェル魔美ちゃん桶谷 顕塚田庄英
851989.1.10いじわるお婆ちゃん 富田祐弘本郷みつる
861989.1.17涙のハードパンチャー水出弘一貞光紳也
871989.1.24記者になった魔美富田祐弘原 恵一
881989.1.31ターニングポイント 桶谷 顕高柳哲司
891989.2.7凶銃ムラマサ 桶谷 顕貞光紳也
901989.2.14わたし応援します! 桶谷 顕原 恵一
911989.2.21リアリズム殺人事件!? もとひら了塚田庄英
921989.2.28パパのヒナ人形 富田祐弘本郷みつる
931989.3.7佐倉家のクルマ騒動 水出弘一原 恵一
941989.3.14くたばれ評論家富田祐弘貞光紳也
951989.3.21タダより高いものはない 桶谷 顕高柳哲司
961989.4.20俺たちTONBI原 恵一原 恵一
971989.4.27自転車ラプソディーもとひら了塚田庄英
981989.5.4消えちゃった超能力 富田祐弘本郷みつる
991989.5.11狼になりたい桶谷 顕貞光紳也
1001989.5.25微笑のロングシュート 水出弘一高柳哲司
1011989.6.1魔美に片思い桶谷 顕原 恵一
1021989.6.8竜を釣る少年富田祐弘塚田庄英
1031989.6.15日曜日のトリック もとひら了本郷みつる
1041989.6.22あぶないテレキネシス 桶谷 顕貞光紳也
1051989.6.29六月の恐竜 もとひら了原 恵一
1061989.7.6魔美はペテン師? 富田祐弘高柳哲司
1071989.7.13プラスチックの貝殻 桶谷 顕本郷みつる
1081989.7.2023時55分の反抗 水出弘一原 恵一
1091989.7.27こだわりの壁画 桶谷 顕塚田庄英
1101989.8.3恐怖のパーティー もとひら了高柳哲司
1111989.8.10樹のざわめき 塚田庄英塚田庄英
1121989.8.17夏のクリスマスツリー 桶谷 顕貞光紳也
1131989.8.31奪われたデビュー もとひら了本郷みつる
1141989.9.7オトメゴコロと腹の虫 桶谷 顕原 恵一
1151989.9.14老人と化石 水出弘一高柳哲司
1161989.9.21最終戦 桶谷 顕塚田庄英
1171989.10.12恋愛のススメ 本郷みつる本郷みつる
1181989.10.19嵐に消えたポンポコもとひら了高柳哲司
1191989.10.26動き出した時間桶谷 顕原 恵一

キャスト
佐倉魔美(横沢啓子)
高畑(柴本広之)
パパ(増岡 弘)
ママ(榊原良子)
コンポコ(小粥よう子)
幸子(江森浩子)
竹長(佐々木 望)
のんちゃん(渕崎ゆり子)
妙子(鶴ひろみ)
番野(塩屋 翼)
冨山(平野義和)
水谷先生 (村山 明)
(柏倉つとむ)(山寺宏一)(京田尚子)(大滝進矢)(吉田理保子)
(銀河万丈)(古谷 徹)(佐々木るん)(田原アルノ)(難波圭一)(林原めぐみ)ほか

と、今回も無事終了。
うまくすれば冬コミ直前にまた更新予定。
停滞してた分、きっちりやりましょう。
次回は宇宙のサラリーマンが主人公のあのアニメを予定。それでは。

戻る  過去ログ

   inserted by FC2 system