体調崩して4ヶ月も放置してしまいました。
今回は大人のマンガのこちら。

花の係長

(1976年10月3日〜1977年3月27日 全25回59話
(第16回まで1回2話・第17回より1回3話)
毎日放送系放映・製作 東京ムービー)

花の係長


深夜放送の異色の成人向アニメ


原作は週刊ポスト連載の園山俊二氏の同名漫画並びに姉妹編として
描かれていた「気になるあの人」(女性セブン掲載)。
ギャートルズで一躍有名になった氏のホームグラウンドというべき
サラリーマン漫画を大胆にアニメ化した本作は、内容ゆえに深夜枠の放送となり、
お色気なども加味された作品スタイルとなりながらも、
内容は中間管理職の悲喜こもごもを辛辣に書いた作品になっており、
それでいて主人公の「それでもそれなりに人生やってます」というスタイルが書かれていて、
激動があるわけでなし、どん底があるわけでなし、絶頂が来るわけでなし、ただ淡々たる日常。
そんな主人公の日常が何度も何度も繰り返される、まさしく「サラリーマン漫画」。
テレビアニメに適した内容かどうかは別にして、当時のアニメでもひときわ異彩を
放っていたのは間違いありません。


悲哀と風刺、そして秘かなタノシミ


ストーリーはこんな具合。

主人公・綾小路麻朱磨呂(あやのこうじましゅまろ)は華族出身の血筋ではあるが、
昭和の世ではただの一般人。
妻のヨーコと一人息子の太郎に囲まれて、つつましやかな生活を営んでいた、
やがて、彼に辞令が届く。「貴殿を係長に任ず。」
中間管理職となった彼だが、だからと言って何が変わるでもなし。
オフィスラブに、麻雀に、家族サービスに、赤ちょうちんにと
今日も麻朱磨呂の日常は続くのだった。


当時大人向け漫画だからということで 隠れて見ていた子供も多かったそうです。
(高嶋政伸もそのひとり。本人曰く「かなりコーフンした」そうな。)
が、お色気よりも内容はサラリーマンの日常の悲喜劇が中心。
麻朱磨呂が麻雀で連敗がこんでるので先祖代々(と言っても嫁のほうの)伝わるバクチ打ちの衣装を借りて
役満連発食らわして大勝利する話とか(原作はそれでも負けるけど)、
嫁が麻朱磨呂の給料を訪問販売に扮した詐欺師に掠め取られて
息子共々自殺(!)しようとするところを麻朱磨呂に助けられ、
麻朱磨呂曰く「まあ、いいさ、交通事故よりはマシだろうさ。」と宥められたりする話とか、
…隠れてみてた子供に理解出来たのだろうか?まあ、隠れてみてる子供は
考慮に入ってないか。元来大人向けのアニメなんだし。


むろん、お色気も。


夜10時台の放送という事もあって、当然お色気もありました。このアニメのスゴイとこは
OPに濡れ場がある(!)というとこでしょうか。
スケスケのピンクのおネグリを着たヨーコに手を伸ばす麻朱磨呂。
麻朱磨呂の手が胸元をぐいっと下にひき下ろすと豊満なバストがブリン!乳首がビンッ!
ヨーコが小刻みに震えて、桃色の吐息を吐き、次第にのけぞって吐息を連発。
その後でゴリラのごときマウンティングをする麻朱磨呂が鼻息荒く雄たけび上げる。

これがOPの締めのほうの映像だってんですから、いやはや、なんとも。
キャラデザインは漫画のままなんでリアルではないにせよ、
地上波で大胆なことが出来た70年代とはなんといい時代だったのでしょうか。

主題歌も印象的なのですが、この作品はエンディングがなんとも渋い。
老いたかつてのモーレツ社員がベンチで夕日に向かって歌ってそうな曲です。
歌詞を全部載せるわけにいきませんが、一部を紹介すると

我 人生の 半ばなり
なしたることや いくばくぞ
なさざることの 多かりき


深いなぁ…そしてなにか物悲しい。


花の係長 スタッフ
原作/園山俊二
(「花の係長」週刊ポスト・「気になるあの人」女性セブン・「単行本」オハヨー出版)
演出/岡崎 稔・棚橋一徳
脚本/城山 昇・伊東恒久・山崎晴哉ほか
文芸担当/山崎敬之・小野田博之
作画監督/香西隆男
美術監督/小林七郎
製作協力/Aプロダクション・東京アニメーションフィルム

音楽/玉木宏樹・かまやつひろし
OP/花の係長(作詞・園山俊二 作曲・かまやつひろし/唄・こおろぎ,73)
ED/鳴呼!花の係長(作詞・園山俊二 作曲・はら・まき/唄・こおろぎ,73)


花の係長 放映リスト

放送No放送日サブタイトル脚本
1976.10.3係長に任ず!
オレ・男・38歳
山崎晴哉
伊東恒久
1976.10.10ナイターで泣いたア!
男が燃えてる日
山崎晴哉
伊東恒久
1976.10.17気になるおバイオリン
出張はつかれる
城山 昇
城山 昇
1976.10.24ケチケチ接待
この土地一坪二千万
山崎晴哉
杉山義浩
1976.10.31純愛かポルノか?
ああ騒然!大運動会
城山 昇
山崎晴哉
1976.11.7花の散らせ方教えます
なんでも○秘○秘○秘
伊東恒久
山崎晴哉
1976.11.14団交・起て!全国の係長
ダイコンと宝くじ
伊東恒久
杉江彗子
1976.11.21ヨーコの勤労感謝の日
ああ、女装の係長
伊東恒久
杉江彗子
1976.11.28狂乱の大ボーナス
男の、男の悩み
山崎晴哉
城山 昇
101976.12.12美女とモモヒキ
お嫁にいけなくなっちゃう
杉江彗子
城山 昇
111976.12.19ピンク・クリスマスパーティ
人妻の浮気
山崎晴哉
伊東恒久
121976.12.26雪国に駒子を見た
煩悩指数180
山崎晴哉
山崎晴哉
131977.1.2波乱含みの事始め
お色気マージャン
城山 昇
山崎晴哉
141977.1.9キンレイ社長
あこがれのあわおどり
山崎晴哉
伊東恒久
151977.1.16成人式!宴のあと
悠々人生 柄ぢゃない
伊東恒久
山崎晴哉
161977.1.23ヨーコのテレビ騒動
衝撃の家出
杉江彗子
山崎晴哉
171977.1.30ゴリラに抱かせて
ラブホテル炎上
かくし子大発見
杉江彗子
伊東恒久
山崎晴哉
181977.2.6スキーは楽し
執念の意識大革命
ヨーコのお座敷キャバレー
伊東恒久
松岡誠一
伊東恒久
191977.2.13いたたまれぬ事情
誘惑の午後
激写!ヌードモデル
伊東恒久
伊東恒久
城山 昇
201977.2.20雀鬼!麻朱磨呂
夢のカーセックス
迷コック大奮戦
深谷陽子
金子 裕
杉江彗子
211977.2.27ガイジンこわ〜い
ギックリ腰の夜
恐怖ピンクの象
杉江彗子
城山 昇
城山 昇
221977.3.6狂乱!春風城
大騒動!花の国際線
春雨はほろ苦く
山崎晴哉
伊東恒久
山崎晴哉
231977.3.13派閥にタダノリ
暁の大出勤
中年テニス
城山 昇
城山 昇
伊東恒久
241977.3.20華麗なる老後
赤ちゃんはどこから?
夫婦で内職
杉崎行雄
伊東恒久
杉江彗子
251977.3.27花は桜木・人は係長
社内野球救護団
咲いた花なら
山崎晴哉
伊東恒久
山崎晴哉

キャスト
綾小路麻朱磨呂(富田耕生)
綾小路ヨーコ(向井真理子)
綾小路太郎(西川和孝)
かあちゃん(花形恵子)
上司(滝口順平)
同僚(立壁和也)(八代 駿)(増岡 弘)
(佐久間 功)(松金よね子)(水鳥鉄夫)(西川幾雄)

と、今回も終了。4ヶ月休みました。
50回超えてまだ続けられる?という不安もあるにはあるのですが、
書くネタあるうちはやりたいですね。では次回。

戻る  過去ログ

   inserted by FC2 system