このコーナーももう四回目。
早いもんだわ。他のページはマダマダ完全じゃないのに
ここだけは更新早いですね。
マイナーアニメばっか取り上げてるから、どれだけの人が見てるのか…
もっとも、そろそろ夏の作業にかかんなきゃいけないんで、
あらかじめここだけは作りおきしているんですが……ね。
では、四回目はこちらがお題です。

合身戦隊メカンダーロボ

(1977年3月3日〜12月22日・東京12チャンネル系放映・
製作/和光プロダクション)

私が小学校入りたての頃かな?回りのクラスメイトが
「グレンダイザー」だ、「ボルテスV」だと
メジャー系にたいそうにおだを上げていた頃、私は「メカンダー」「ギンガイザー」に
のめり込んでました…(幼い頃からマイナー志向。)
で、このメカンダー、知名度はスパロボ好きの人の中でも結構高くて、主題歌も渡辺宙明の
キャッチーな音楽がノリノリな感じでサイコー。(ガ・キーンの主題歌と旋律がクリソツなのは
言わない約束。)けど、肝心の本編が再放送される機会も少なくて、
数年前LD化、CSでの再放送があるまでは
幻のロボットアニメみたいな扱いだったのね。
私も本放送(関西圏では関西テレビでオンエアしてたのよ。)以来見てないのですが。

メカンダーロボ画像

キャシャーンっぽいシリアスな導入部

あらすじを簡単に説明すると…
地球に突然、謎の異星人の少年がカプセルに乗って漂着。その少年、ジミー・オリオンは
遥か彼方の文明星、ガニメデ星の王子だった。
ジミーを助けた敷島博士はジミーの口から
「ガニメデ星は科学が進みすぎ、公害によって汚染され、
その汚れた海から生まれた謎の生命体・
ヘドロン皇帝によって乗っ取られた」
事、さらに「ヘドロン皇帝は配下のコンギスター軍団を
率いて、地球を侵略する手筈を整えている」
事をきかされる。
時がすぎ、遂にコンギスター軍の地球総攻撃が開始された。地球よりはるかに
科学の進んだコンギスターの兵器は地球軍を圧倒。さらに、あらゆる原子力兵器に反応して
発射される衛星軌道兵器「オメガミサイル」によって、地球の核、原子力施設及び兵器は
完全に破壊されてしまった。圧倒的戦力の前に地球の95%はコンギスター軍に占領され、
残るは日本のみ。
その日本も東京は焼土と化し、日本列島全土が円盤軍によって
完全に制圧されつつある。制空権、制海権をすべてコンギスター軍に握られ、
日本の地球防衛軍もほぼ全滅。
絶望的な状況の中、敷島博士が極秘の内に建造した戦闘ロボット・
メカンダーロボがついに出撃する。
ジミーオリオン(火器担当)、
八島小次郎(操縦担当)、
敷島竜介(レーダー担当)
の三人の若者らは、この絶望的な戦況を打破し、
人類を救う事が出来るのだろうか?

と、これが導入部。圧倒的に人類が不利な立場からストーリーがはじまるってのは、
タツノコプロの名作「新造人間キャシャーン」を思わせますが、主人公ジミーの母親が
改造されて敵の側にいて(メデューサ将軍っていう幹部にされてます。)、
時折昔の記憶を取り戻して敵の内部情報をジミーに教えたり
するとこなんかスワニーそのまま。ただ、こっちの場合、アクシデント的に
母親に戻ったりするから、状況からいってこっちのほうが過酷ですが。
(ガニメデ星の王家の特質による、という事らしい。)

過酷といえば主役のメカンダーロボも、確かにコンギスターメカに対抗出来る
唯一の決戦兵器なんだけど、動力が原子力。だからメカンダーが起動すると同時に
衛星軌道上からオメガミサイルが発射されちゃうの。
(ピロピロピロッ、って、キングギドラの鳴き声と共に)
メカンダーが助かるには、ミサイルが命中するまでの時間
(デストポイントっていうらしい。)
コンギスターメカを倒して、原子炉を停止させなきゃいけない。
ホント、何から何まで手枷、足枷だらけの設定なんですよコレが。


主役ロボット破壊!

前半は奪われた地球の各都市を奪還する為、残存兵力を集結して反抗作戦に
備える話がだいたいの流れ。メカンダーロボはオメガミサイルに脅えつつ、
短期決戦でコンギスター軍団を破壊していきます。食料の確保、石油パイプラインの奪還、
残存部隊の救出作戦…と、妙にリアルな展開が続きますが、
同時期のロボットアニメと比較しても、この展開は異色。こういう展開は「ガンダム」が最初に
やったもんだとばっか思ってたから、改めて確認してちょっと驚きました。
オメガミサイルの発射衛星破壊作戦も
「衛星の探知システムを妨害電波で狂わせて、その隙に近づいて爆破」と、
地味だけどリアルに描かれてるのねコレが。
けど、そんなメカンダーロボも第23話で木端微塵に破壊されます。ジミーの母親の操縦する
コンギスターメカ・ドラゴンドリラーによって。
(もっとも、トドメをさす寸前に母はまた記憶を取り戻し、
自戒の念によって自爆しちゃうんだけど。)

さあ、主役ロボ大破。どうするのかと思ってたら、次週にさっそうと
「メカンダーロボ・パート2」が出てきちゃった。しかも今度は四機合体メカ。
デザインは最初のと同一で、要するに首・両手・胴体・両足を切り離して、
主人公の乗ってた戦闘機(メカンダーマックス)や車(トライマックス)に
引っ付けただけのシロモノ。
車のボンネットのうえにメカンダーロボの胴体がちょこんと乗ってる絵なんて噴飯もの。
「スケール全然あってないじゃん!」と言おうとしたら、
「新メカンダーは各パーツにマイクロコンピューターが組み込まれていて、
合体するとコンピューターの作動により、
ポリマースチールが巨大化して、本来のサイズになる」
んだそうで。
「ブライガー」のブライシンクロンマキシムみたいね。
なんか上手く誤魔化されてるような…。


予想外の展開…

いよいよ過酷さを増すコンギスター軍団対メカンダーロボ&地球軍!その結末は?
…と思ってたら、第29話から総集編がはじまった。その次の週も、そのまた次の週も。
一応第28話で「いよいよ決戦だ!敵空中要塞に殴り込みをかけるぞ!」的な感じに
なってただけに、総集編の連続はじれったいことこの上なし。
理由は明白。メインスポンサーのブルマァクが
不渡りを出して銀行から取引停止処分を受け倒産したからです。
メインスポンサーが倒産したのですから、
実質即打ち切りになってもおかしくはないのですが…。
スタッフは資金調達がほぼ0になった状態でも
作品を完結させるために制作を続けました(おお!)
そんな総集編が1ヶ月ほど続いて、
第34話で遂にコンギスター空中要塞との最終決戦…なんですが、
やはりバンク率が高い上に構成も支離滅裂。
これはもうありものを使わざるを得ない台所事情もさることながら、
新作の作動画が極端に限られているというのもあるのですが。
新作部分はもうクオリティ云々は聞かないで、的なシロモノ。
中割りも殆ど作れない凄まじい動画になっていました。
とは言え、あの状況下でここまで作った心意気は素直に拍手を送ります。
究極の状態だったことは間違いありませんし。
さあ、次回はいよいよ最終回。どうなるんだ?と思ったら、なんと最終回もほぼ総集編。
(親玉のヘドロン皇帝が独白するシーンと死ぬシーン、
ラストのジミーの旅立ちのシーンのたった3分強が新作動画。)


事情を知れば無碍に作品を責めるわけにもいかんのですが、
このアニメの評価を微妙なものにしているのは、
やはり番組後半のこの混乱によるところが大きいなぁ。
ちゃんと最後まで製作体制が保たれていれば…と思うと残念でならんのですよ。
ホント。好きだっただけに。


合身戦隊メカンダーロボ  製作スタッフ

原作/和光プロ
企画/和光プロ・東急エージェンシー
製作/高橋澄夫
脚本/海堂清彦・陶山 智
演出/林 政行・新田義方・安濃高志・とみの喜幸・正延宏三 他
作画監督/村田四郎・二宮常雄・竹内きよし・正延宏三・小国一和 他
音楽/渡辺宙明
OP/トライアタック!メカンダーロボ
(作詞・保富康午/作曲・渡辺宙明/歌・水木一郎・コロムビアゆりかご会)
ED/さすらいの星ジミーオリオン
(作詞・保富康午/作曲・渡辺宙明/歌・水木一郎・こおろぎ'73)
コロムビア・レコード


合身戦隊メカンダーロボ 放映リスト

放映No放送日サブタイトル脚本演出作画監督登場コンギスターロボ視聴率
1977.3.3コンギスター軍団日本大襲撃海堂清彦林 政行正延宏三クマンダ−6.9
1977.3.10謎の戦士ジミ−オリオン海堂清彦林 政行二宮常雄シンキラー7.9
1977.3.17ジミ−決死のパワーイン 海堂清彦新田義方正延宏三放電レンザ−6.7
1977.3.24見よ!あれが空中要塞都市だ海堂清彦新田義方二宮常雄
正延宏三
キングコンガ−
テラノドンガ−
6.0
1977.3.31大輸送船団を死守せよ陶山 智安濃高志竹内きよしキジュウダ−6.6
1977.4.7出撃!空母キングダイヤモンド 陶山 智安濃高志竹内きよしニュードム5.2
1977.4.14コンギスター軍団ハワイ全滅作戦 陶山 智安濃高志竹内きよしトカスダー5.4
1977.4.21叩け!オメガミサイル陶山 智新田義方正延宏三ムカデダー5.2
1977.4.28最後の戦線南シナ海海堂清彦とみの喜幸小国一和オオニューダ5.7
101977.5.5危うし!メカンダーマックス陶山 智林 政行二宮常雄ハンドレーロボ3.9
111977.5.12必殺!メカンダーフェンサー陶山 智林 政行二宮常雄ギアロボット・ナルト機雷5.7
121977.5.19謎のビッグハリケーン 陶山 智林 政行二宮常雄ビッグハリケーン5.5
131977.6.9幻の太西洋艦隊を救出せよ海堂清彦正延宏三正延宏三ニュードム・キングコンガ−
クマンダ−・キジュウダ−
4.5
141977.6.16東京ブラックホール作戦陶山 智佐藤哲朗村田四郎ムカデック・ギアロボットU
マグマ列車
2.9
151977.6.23出撃!合身トライカー 陶山 智林 政行二宮常雄火炎スネーク5.2
161977.6.30メカンダーロボ危機一髪陶山 智中野健治竹内きよし放電レンザ−・ニュードム
新型トカスダー
4.9
171977.7.7オメガミサイルを撃滅せよ! 海堂清彦正延宏三正延宏三クラゲラー5.5
181977.7.14狙われた秘密基地陶山 智安濃高志多賀かずひろヤキューラロボ3.3
191977.7.21魔のペルシャ湾に突入せよ!海堂清彦林 政行二宮常雄メカオニヒトデ3.7
201977.7.28反撃!シンガポール奪回作戦 海堂清彦正延宏三正延宏三ハンドレーロボ・オオニューダ4.6
211977.8.4あの巨大ロボットを撃て海堂清彦中野健治多賀かずひろザリーダ5.0
221977.8.18スタジアム基地の最後陶山 智佐藤哲朗村田四郎レンケツラ・カニ型戦車4.9
231977.9.1母よ永遠に眠れ海堂清彦二宮常雄二宮常雄ドラゴンドリラー
メカタイガーシャーク
5.1
241977.9.84体合身メカンダーロボ 陶山 智安濃高志多賀かずひろ火焔龍ロボ5.1
251977.9.15謎の謀略作戦をあばけ陶山 智佐藤哲朗村田四郎クラゲライザー4.9
261977.9.29決死の宇宙戦争陶山 智中野健治正延宏三カマイタッチ5.1
271977.10.6潜入 空中要塞都市陶山 智中野健治二宮常雄グレープロボ5.8
281977.10.13振り向くなジミ−オリオン海堂清彦正延宏三二宮常雄火焔龍ロボ4.7
291977.10.20攻撃目標は敵機動部隊 海堂清彦安濃高志村田四郎(総集編)5.8
301977.10.27謎のランドルート作戦海堂清彦安濃高志村田四郎(総集編)3.9
311977.11.3死闘!静止衛星破壊作戦海堂清彦中野健治村田四郎(総集編)5.5
321977.11.10メデューサ南海に死す海堂清彦中野健治村田四郎(総集編)5.5
331977.11.24進め!地球軍大反撃海堂清彦中野健治村田四郎(総集編)3.1
341977.12.8大将軍オズメルの最後海堂清彦中野健治多賀かずひろ サソリロボ(宇宙サソリロボ)・
新型メカタイガーシャーク
カメレオンロボ・
新型ギアロボット
グレープロボA・Bタイプ
メカオニヒトデ
メカギジター
コンピューターガンマ
3.9
351977.12.22メカンダーロボよ永遠に海堂清彦中野健治村田四郎(総集編)ヘドロン皇帝4.3


キャスト

ジミーオリオン(神谷 明)
八島小次郎(曽我部和行)
敷島竜介(野島昭生)
敷島ミカ(横沢啓子)
敷島博士(滝 雅也)
オズメル大将軍(津嘉山正種)
メデューサ将軍(藤 夏子)
ナレーター(中田浩二)
(高橋ひろ子)(岡田道郎)(荒川保男)(倉石一旺)


やりたいネタはたくさんあれど、
絵を描くのがほんと大変なこのコーナー。
できる所まで頑張るつもりですが…
次回は「ミラクル少女リミットちゃん」の予定です。

戻る  過去ログ

inserted by FC2 system